2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5909

何かメディアワークスさんから本が届きました

PICT00021.jpg



http://www.bijutsu.co.jp/bt/0602/si1.html

この本。

ぴたテンの絵とともに私のことがほんのちょこっと載ってるそうで。
あまりジャンル違いの方に語られる機会ないので
ドキドキしますねぇ。
前にユリイカさんにのっけていただいた時も↓
http://www.seidosha.co.jp/eureka/200311/
ドキドキしましたが。

いや、ありがたいです。はい。


それと一緒に8日のインテで頼んでいたゴクアク本が来たー!!

PICT0003.jpg


別にやましい本ではないのですが
サークルさんにご迷惑かかりそうなのでぼかす。
この方の描くキヨはとてもかわいい。かわいいよキヨ。
頭もちょっと悪そうで(←良い意味で)理想的な白キヨですよ萌え!!
キヨかわいいよキヨ。




とそれはとにかく、ちょうど美術手帖さんが届いた時にネット見てたら
「『イラスト』を描ける人、『漫画』を描ける人」(REVの日記様)
http://d.hatena.ne.jp/REV/20060123/p7
というとこにたどり着いてもっさりと考えてみる。




私についてはイラストレーターと紹介されたり
漫画家と紹介されたり、キャラクターデザイナーと紹介されたりで
どれでもいいので好きなのどうぞですが、
「結局のところどれをやってて一番楽しいですか?」と聞かれると
「漫画書きかなぁ」という人です。

私の漫画仕事自体の質については
「面白い」といってくれたり「いいからイラストだけかいとけ」いわれたり
ほんとお客さんは十人十色で正直わけわかんないので今はおいとくとします。

とにかく私は2歳の時からとにかくずっと漫画描いてた子で
「絵を描く」=「漫画を描く」な人だったんで、
「漫画かけないんですよー」という絵描きさんに会うと
ぶっちゃけ「なんで漫画かけないの?」と不思議でした編集の仕事するまでは。
別に責めるわけではないんですが。

まぁ今は「そういう絵描きさんも居るんだなぁ」と思ってますが。

私は10年ピアノやってたんですけど、作曲は全然できないんで
きっとその感覚に近いのかなぁ、と自分を納得させてます。



私はアシさんに対してちょっとお節介、良く言えば世話好きの人らしいので、
漫画家志望のアシさんが希望すれば元編集のせいかそこそこ育ててしまいます。
(といってもプロになれるかは最終的には本人のやる気なので
やる気が無い人にアレコレ言ってもお互いツライからその時はほっときますが)

少し前うちに来たアシさんでプロの絵描きさんだったけど
どうしても仕事で漫画をかかなきゃいけなくなったという人を
ちょっとだけ面倒見たことがありましたが、
「編集部の人が漫画の書き方おしえてくれないんですぅー」といってて
「あんたは何しにその漫画雑誌に来たのじゃ!(笑」とツっこんだコトがありました。

漫画は脚本とか演出とかコンテとかデザインとか全部1人でやるわけで
私とかは「全部1人で隅々までやれるから楽しいんじゃん!」って感じですが。

時々人から「原作付けたら?」とか「原作やったら?」とか言われても
私としては「気がかわったらやるかもだけど今はいい」って雰囲気ですが。
所詮漫画は「話の筋」よか「演出」で左右されると思ってるんで
「原作付き」は訓練にはなるけど、「原作つければ良くなる」というのは
単純すぎ考えかと思います。ネームまで描いてあげれば違うでしょうが。


話それたけど、とにかくアシの彼女的には
「わからない~出来ない~」ととても苦労していたので
「そういうモンなんだなぁ」と思ったモノです。

なんか話が出来ててもネームが出来ないそうだ。
ネーム、つまりコマ割。
確かに漫画作業で一番大変なのはそこだけど。
私も10ページにつき平均8時間くらいかかるし。


あ、今はその方は立派に漫画かいてます。頑張ってるなぁと眩しく見守る今日この頃。
慣れたら慣れたでまた色々と大変そうですけどねぇ。
兎に角一応順調そうで良かったです。


という訳で結局の所私は「漫画」と「絵描き」について
「絵描きでも漫画をかけない人もいるらしい」ぐらいの認識なんですけど、
逆の話だと私はイラストらしいイラストは描けないなぁと思ってます。

こうゼロから独自のイメージで一枚の絵に世界観を織り込むってコトは
自分は得意じゃないです、ってか出来ないですねぇ。
やろうと思った事もあるけど無理。思いつかないし、面倒くさい。
美術も成績悪かったしおそらくそういうのは向かない気がする。

私のイラストはあくまでキャラ中心の
悪い意味で「漫画家っぽいイラスト」なんで。

「それもイラストですよ」といって下さる方もいるやもですけど
微妙に違うなぁと私は思ったり思わなかったり……




と、ものすごく感覚的にだらだら言ってますけど、
結論としては「漫画家」と「イラストレーター」は同じ「職人」仕事だとしても
頭の使ってるとこが違う気がします。私の場合だけに限って言うと

"漫画を描いてるときは「文学的な考え方をしている」気がします。"

"イラストを描いてる時は「想像力中心で感覚的」にやってる気がする。"


「このオチに向かう為にどういう材料を持ってきてどこを盛り上げるか」
とかいう考え方するのでなんかちょっとパズルっぽいよね、と思います。漫画って。

私よく漫画で詰まると友達の可家さんに相談するんだけど
彼女と私のやり取りを見てた絵描き友達が
「何か細かくてついて行けないなぁ」といってた気がします。


イラストは「こういう子萌え」とか「この風景萌え」とか「このイメージ良くない?」とか
色々なものを詰め込んで自分の趣味の集大成を作る感じ。



なんかだらたらとまとまってないけど、きっとそんな感じだ。うん。


だからやっぱり「漫画描ける人」と「イラスト描ける人」は違うのかもしれないですね。





まとまってるのかこの文章?






まあいいや。





時事ごと



なんか今ニュースがホリエモンばっかですねぇ。

話題のニュースなんで別にばっかでもいいんですけど、
ついこの間までメディアにひっぱりだこでちやほやしてたのが
手のひらを返してしたように叩きになっているのがちょっと気持ち悪い。

いや、容疑掛けられてるなら批判されても仕方ないし
メディアとしては擁護してはいけない訳ですがそれにしてもなぁ。
世の中薄情なものです。

一年前から見抜いていたこういう人
どうこういうなら全然スッキリするんですけどねぇ。

スポンサーサイト

| ◆おしらせ&にっき | 00時15分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。