PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブレイドでたよ

ぱばーぬ0809とびら+

コミックブレイド10月号でましたー
↑見開きカラーは中間発表の上位5人を描いてみたあるよ

というわけで人気投票の結果発表であります
上の五人もちょっと順位が変わってたりしますよ

WEBでも発表と言ってたけど、まだみたいなので
発表したら連絡しますねヽ(´∇`)ノ



というわけで亡き少女の為のパヴァーヌの第二話です。
今回も53ページでした。



……ひとつ今回皆さんに謝らなければいけない事が……。

……でも超超超超超超超超ネタバレなんで、白反転します。
読んでも大丈夫!って方だけご覧頂ければと思います


ほんとすみませんでした……
そしてどうもありがとうございました!!!


以下ネタバレにつき白反転↓






一位キャラを一番に……してまいました……


ほんとにすみません……

とりあえず、1話2話は投票が影響しないので
なるべく一位にならなそうな人を選んだつもりでしたが……
私の萌え心眼修行もまだまだ未熟ってことです…はい…

二話ネーム書き終わった時点で判明し
担当さんに止められ、営業さんに止められ……
色々したんですが、100ページ超えした時点で
こっから引っ繰り返すと話が破綻するーーーーーーー!!!!!!!


……ってことで、とりあえず色々と微調整しつつ
こういう形に収まりました……

……綺麗に、綺麗にね……。

編集さんその他の皆さんに感謝です
いい話になったと思います

でも御免なさい……。

投票していただいた方、本当にどうもありがとうございました
今後がんばって楽しい話にしますよ!
一位の子もいきてくるといいな

楽しんでいただける様全力でがんばりますので
今後ともどうぞよろしくお願いします!





↑以上ネタバレ終わり……
本当にすみませんでした……
どうもありがとうございました!




以下ネタバレない程度にうんちくや感想いろいろ……


長いので見てもいいよという方は続きの
→READ MORE...
をクリックしてください









……というわけで第二ラウンドです


今回2話で使った曲はこれです。

ヴァイオリンの奇才……というか変人……といったら失礼ですが、
パガニーニの「ヴァイオリン協奏曲2番3楽章 鐘のロンド」
……であります。

この曲日本ではどっちかっつーと
リスト編曲のピアノ曲の「ラ・カンパネラ」の方が有名ですな。

時期も良いので同人のタイトルにも使ったよ
原曲はこっちのヴァイオリンの方なんですけどね。

リスト編曲のピアノ曲、初版のラ・カンパネラは
「パガニーニによる超絶技巧練習曲」略して「パガ超」と言って
世界に数人くらいしか弾ける人居ないらしいよ
指的に人間じゃ無理って感じらしい。

「最終鬼畜妹フランドール・S」みたいな感じなんでしょーかね
これは人間では無理すぐる……



で今現在普及している「ラ・カンパネラ」は
「パガ超」の簡単版なんだそうです。
「パガニーニによる大練習曲」、略して「パガ大」。

簡単版とはいえ、それでも充分難しいんだけどね、
私10年やってたけど余裕で弾けないんだぜ。



↑ここでパガ超とパガ大の聞き比べしてるんだぜ。
パガ超、聞き慣れない音多いなー



……と、話しがピアノに行きました。
超関係ないです、バイオリンだよー(;・∀・)

パガニーニは変わったバイオリンの音が混じる事が多いので
クラシック流してても「あ、これパガニーニじゃね?」って
何となく分かるようになってきたよ。

写真ブログで載せた、あの非常にキモイ楽譜書いた人です

5206519.jpg
5206455.jpg

これはパガニーニのカプリス。

先生曰く
「パガニーニは難しいは難しいんだけど
有る程度やってりゃ弾けるにゃ弾けるんだよ。
ただ誰かに聞かせる様に弾くのはほんと大変なんだよ」
……と、キレ気味に語ってくれました
キレた様はちょっと面白かったです

さらに
「でもパガニーニ初見で弾いたらイヤミだよね、あはは」
とも言ってました。

以下ネタバレ反転↓
今回タッキーにそれをやっていただきますた。
イヤミ男です

↑ネタバレおわり

今回の鐘のロンドも結構な難曲だそうで
楽譜買って一通り読んでそれぞれ難易度チェックまでしたけど
全然作中では使わなかった……orz

あ、このヴァイオリン協奏曲、2番もいいけど
1番も有名でなかなか良い曲ですよ、同じくらい難曲ですが。
パガニーニらしく、バイオリンが元気に変な音してます。



というわけで長いうんちく終わり。
ここでうんちく言わないと言う機会ないもーん。



てなわけで、今回もがんがってバイオリンシーン描いたよ!!
先生にもがっつり監修してもらったよ!!(つД`)

01_20080831051053.jpg

調弦中の図……

前回の反省からA線以外のアジャスターは
ちゃんと外したんだぜ(・∀・)

演奏ポーズ以外に
調弦中や松脂付ける仕草まで動画で360°撮ったよ

そして松脂の付け方は先生と私じゃ全然違うことを発見
えええーーーーー Σ(´Д`lll)

私は左手で弓持って右手で松脂をゴシゴシつけてるけど
先生は右手で普通に弓もって弓の方を擦ってゴシゴシ付けてた

そっちの方が良く松脂が付くらすぃ。
……えー……でもそれ右手が疲れる……


……もちろんタッキーは先生の方の付け方なんだぜ……


そういえば私がそうやって必死につか半分意地で
頑張っているのを見てか、先生も色々と協力してくれるよ

知り合いに頼んでくれたらしく
100年前のバイオリンケースの写真くれた!!!!(・∀・)ネ申!!
Image225.jpg
100年前のバイオリンケースだってさー。
今に比べて大分薄くてかなり衝撃です、スタッフ的に

今現在のヴァイオリンケース見ながら書いたので
うちの作中じゃ随分厚かったりします(´・ω・`)ショボーン
でも質感とかパーツとか参考になるです、ネ申!!

明治時代の話なんで、もう全てが資料検索だよ。
相模先生に眼鏡掛けさせるだけでさえ
超検索ですようぇぇぇぇぇぇ

がんばりまーす


今回のヴァイオリンがんばったぜ!の
お気に入りカットはこのへん

07_20080831065111.jpg

いや、弾いてないんだけどね、これ

「今から弾くぞー!」って感じが出たかなぁとお気に入り
左手がなんか良い感じにできた気がするんだ、なんとなく

……と文字通り自画自賛





今回はタッキーの養父の相模先生を出してみたよ。

相模先生の名前は小田急江ノ島線ぽくて、
学生時代沿線に住んでた自分的には
非常に落ち着きません。

相模大野も長後も急行止まるんだぜ。

そういえばかみちゃまかりんの桜ヶ丘の名前の駅も
江ノ島線だったよ、こっちは急行止まらないんだぜ。

なんか自分江ノ島線大好きっ子みたいじゃないか。



それは兎に角、相模先生は明治時代的インテリっぽくなく
さっばりしてフランクな感じにしてみました、一人称俺だし。

みんなに「相模先生こーいうキャラなんだ」と言われたよ。
こういうのもおもしろいかなー、と。
相模先生はアシさんも気に入ってくれたのでうれしいなー。


そして袴。
当時、学校の先生は基本洋装だったらしいんですけどね。

相模先生は「洋装は着づらい」、ってことで……。
袴の結び方もかなりルーズです。蝶結びしない。
タッキーが着付ける時もあるかもしんない。

どうして着づらいかは本編読んでみてくだしゃい。
現代人はそんなことないんだろうけどねー。

その背景もろもろはネタバレなのでまた今度。






あとはあんまりその他の女の子だせなくてすみません。
今回は一位の人でいっぱいいっぱいでした。
ネームの時に16ページダイエットしてますしね……

今後結果反映しつつちょくちょく出せればいいなぁー
3話に出てくる人はまた連載前から決まってるんだけどね
ゆっくりですが色々と反映していきたいと思います

しかしキャラ的に長州が使い易すぎる……

……よく動くなあ彼女……





というわけで今回はこんなところで。

長文すみません、ここまで読んでくれた人いるのかな
読んでくれたんだったら本当にどうもありがとうー

今回も雑誌の読者アンケート、
面白いと思ったら出していただけると
励みになります!ヽ(´∇`)ノ

どうぞよろしくね!!


また次回もがんばります!!
ええそれはもう精一杯、勉強するんだぜ!!!


(ついき)
調律は調弦だと教えていただきましたー
どっちかなーと思ってたんですが弦の方なんですねー
どうもありがとうございましたー
関連記事

| ◆おしらせ&にっき | 07時11分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

No title

もう1位の子は出て来ないんでしょうか?
私も彼女が1番好きだったので、読み終えて

(・Д・ )

でした(笑
まさか第2話でこの急展開とは、さすがです…!

| 美桜 | 2008/09/18 15:21 | URL | ≫ EDIT

No title

自分はバイオリン暦10年over(今はやってませんが)ですが、調律とは呼ばず調弦と呼んでました。
チェロもそう呼んでいたので弦楽器全般は調弦なのかな、と。
ご参考までに。

| ゆみこ | 2008/09/03 23:04 | URL |

No title

コミックブレイド買いました!どうなっちゃうんですかこの二人!?と思いながら読みましたよ。はやく続きが読みたいです。

| アンジュ | 2008/08/31 15:39 | URL |














http://kokolog.blog40.fc2.com/tb.php/548-5f4231c0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT